沢田泰司の津田にゃん日記
 
沢田泰司の津田にゃん日記
 



中内だけどあみょーん

少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。


労働環境は、決して整っているとは言えず、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。

では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、多くは訪問介護の仕事があったりして、その訪問介護も高齢者があまりにも増えてさらに看護師の需要は高まっており、看護師にかかる心身の負担は大きいです。全国で働く看護師がもらえる給料は平均は437万円ほどです。しかし、国立、市立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として仕事をしているため、年収の平均は593万円ほどになります。

公務員として働く看護師は給料の上がる割合も民間病院と比較してと高く、福利厚生も充実したものです。


準看護師のケースでは、看護師と比べると平均年収が70万円ぐほど低いです。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、極力、放射線を浴びないようにすることです。

CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、慎重に行動してください。
もう一つ、薬のことも病院で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。


そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。



ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。なので、辛いと感じることも多いでしょう。特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに多くの看護師が自然な生活のサイクルを失い、そのうちに体調を崩すこともあるのです。

ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと疲れは身体から抜けることなく、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、身体に無理をさせているのかも、と実感してしまうことはあります。修学旅行やツアーなどをコンダクトし、怪我や病気のその場での処置や病院の手配をする看護師もいます。母親として子育てをしている人は週末の休みがあったり、日勤のみの職場を追求しているものです。
病院以外で看護師として働くには、その場に適した医療の知見をマスターしている認定看護師や専門看護師の資格があると、雇用に近づきます。どうしたら、思い通りに転職して、別の病院で働けるかといえば、看護師専門のエージェントに頼むのが近道であり、安心な方法でもあります。ネット検索をしてみると、様々な転職サイトがみつかりますから、登録を行い、情報を手に入れることが近道だと考えられます。同時に、いくつかの看護師転職サイトに登録することもできるので、気軽に始めてみてください。
看護師が転職する際でも、自分で待遇面の交渉をするのは難しいケースもよくあるのですが、看護師転職サイトを利用すると気になる待遇に関する交渉も行ってくれるため、有利な条件で転職できることもあるでしょう。これが初の転職という人は、履歴書や職務経歴書の上手な書き方のコツを伝授してくれることも助かるでしょう。



外来での看護師のお仕事は、病院を利用したことがある人ならご存知のように、注射や点滴、問診、血圧を測ったり、医者の指示にそって患者に処置を行います。手術や検査の移送も看護師がやるわけです。


看護師は患者さんと一緒にいる時間も多く、病気の治療だけではなく精神面でも気を配ってあげる必要があるでしょう。



Jul.2(Sat)09:54 | Trackback(0) | Comment(0) | 美容・コスメ | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)